blog

「なにで洗うか」「どう洗うか」どっちも大事!適切な知識をつけて効果的なヘアケアを!

ブログ担当の矢野です。
当サイト・ブログへ足を運んでいただき、ありがとうございます。
当ブログは、皆様がツヤのある美髪を保つのに役立つような豆知識から、当店iCmoのお得な最新情報まで、幅広く書かせていただいております。
どうぞよろしくお願いいたします。

さて、早くも9月も後半に入りましたね。
だんだんと風も涼しくなってきて、ふとした時に秋の訪れを感じます。
となると、今度はだんだん乾燥が気になってきますね。
そこで!今回はヘアケアの基本であるシャンプーの適切な洗い方と、それにあたっておすすめのシャンプーをご紹介いたします。
それでは早速いってみましょう。

知っているようで知らない適切なシャンプーの方法

みなさん、シャンプーの適切なやり方はご存知でしょうか?
毎日のことですから、当然シャンプーの方法くらい知ってるよ、と思われる方もいらっしゃるかもしれません。
ですが、ただ洗うだけではなく、ちょっとした工夫でぐっと頭皮や髪の毛のケアに役立つのがシャンプーなのです。
いいえ、もっというと「ただ洗う」だけにしても、実はやりがちな方法だと洗えていなかったり、なんてことも!
本記事では「なにで洗うか」はもちろんのこと「どう洗うか」を深堀りしていきたいと思います。

適切な洗い方って?

それでは適切な洗い方とは一体なんなのでしょうか。
以下にまとめてみました。

 

①予洗い
「予洗い」と書いて「よあらい」と読みます。
本洗いの前に行う下洗いのことですね。
実はシャンプーは、シャンプーをボトルから手に出す前に既に始まっています!
まずはシャワーで頭皮、髪をしっかり濡らしましょう。
その時間にして3~5分以上。どんなに最低でも1分はかけましょう。
これはなぜかと言うと、シャンプーの効果は「水×空気×シャンプー剤」の相乗効果だからです。
よって、予洗いの段階で頭皮をちゃんと濡らす必要があります。
イメージとしては水を溜めるような感じですね。
実はなんと、予洗いで髪の汚れの約7割が落ちると言われています。
びっくりですね!
ここからも予洗いの重要性がよく分かります。

 

②泡立てる
予洗いができたら、いよいよ次は泡立てです。
一般的に「シャンプーする」と言うとここが第1段階で始まると思いがちですが、実はこの段階は第2段階だったのですね。
泡立てる際も、いきなり直接髪につけて泡立てるのではなく、手のひらで泡立ててから髪の毛に乗せるようにしましょう。
また、もし手のひらで泡立てて髪につけたものの、泡立たないぞという場合は、一度流してから再度トライするようにしましょう。追いシャンプーはNGです!
おそらく予洗いが不十分だったり、整髪料を多くつけていることが原因です。もう一度しっかりシャンプーが泡立ちやすい環境を整えましょう。

 

③洗う
泡立ちもOKなら、次は洗う工程です。
ここで大事なのはゴシゴシ強く洗いすぎないこと。
シャンプーの目的は頭皮の汚れを落として清潔に保つことです。
汚れというのは、本来シャンプーがきちんと泡立ってまんべんなく行き渡ってさえいれば、自然と落ちてくれるものです。
頭皮もお肌ですからデリケートです。過剰に洗いすぎると傷つきかねません。
イメージは頭皮マッサージをする感じです。これにより頭皮の毛穴までシャンプーを行き渡らせ、汚れをキャッチさせます。
ただし、お仕事柄やオシャレで、整髪料を多く使用している方もいらっしゃるかと思います。そういう方はシャンプーの量を多めにして、より整髪料とシャンプーを馴染ませる工程を丁寧にしてみてください。

 

④すすぐ
最後にすすぎます。
実はこのすすぐ工程がとっても大事。
頭皮トラブルには、すすぎ残しによるシャンプー剤の残りが原因になっているものもあるほどです。
かなり極端に言ってしまえば、整髪料をつけていない髪の毛ならば予洗いだけでもだいぶ汚れが落ちます。「シャンプー剤をつける=汚れが落ちる」というわけではなく「水×空気×シャンプー剤=汚れが落ちる」というわけなのです。
であれば、シャンプー剤は汚れをより落としやすくするためのものですから、汚れを髪から浮かせた後は、髪から全てすすぎきる必要がありますね。
やりすぎかな?と思うくらいのすすぎで、実はちょうどよかったりします。
落としきることが大事という点では、メイクと同じですね。

当店のおすすめシャンプー

では、一体どんなシャンプーがおすすめなのでしょうか?
ここでは当店選りすぐりのシャンプーを1つご紹介させていただきます。

『オプティミスティック オーガニックスカルプシャンプーGV』
https://icmo-online.com/products/detail/53

こちらは、頭皮のケアも髪の毛先のケアも両方できるシャンプーです。
香りも華やかで、iCmoで大人気の商品です。
特にエイジングに特化したシャンプーで、年齢と共に変化する頭皮と髪を労わります。
髪老化の影響による乾燥やツヤの減少に対して、国産品質の成分がハリ・コシのある髪へと導きます。

最後に

今回の紹介は以上です。
もし、落とすにあたってシャンプーの成分にもこだわりたいという方は、過去記事のこちらも参照されてみてください。

シャンプーの種類って何があるの?どう違うの?①~石油系、石けん系~

シャンプーの種類って何があるの?どう違うの?②~アミノ酸系~

“美は一日にして成らず”というように、髪や頭皮の健康は日々の積み重ねが大切です。
シャンプー専門店iCmoは、お客様にぴったりのシャンプーを提案することはもちろん、髪に対する考え方や向き合い方も含めて、トータルでお力になれたらと思っております。
ぜひご自身に合ったシャンプーを探しに来てみてください。

また、遠方のお客様向けにサブスクサービスを開始いたしました。
髪質・頭皮診断アンケートを元にiCmoシャンプーコンシェルジュがチャットによる丁寧なヒアリングでお客様にとって最高のシャンプーをご提案いたします。
詳細は以下のバナーからご覧ください。

iCmoではお手元に届いたシャンプーの使い心地や体感をもとに、公式LINE上でのこまめなやり取りでお客様の理想を叶えるサポートをさせていただきます。
皆様のご来店を心よりお待ちしております。

—————————————————————————-
シャンプー専門店 iCmo(イクモ)
住所  :大阪府大阪市北区大淀中2丁目5-10
TEL  :06-7777-0143
営業日時:月・火・木 19:00~21:00
土     12:00~16:00
—————————————————————————-